June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今日の一言一感"病は気からならぬ、病は検査から"

ほんとうに私ごとで、、、

 昨年の丁度今頃。仕事柄"2014 S/S ファッショントレンドセミナー"なるものを聴衆してい時、突然、バリコレクションのスライドの画像が斜めのジグザクグ模様の閃光がはしり、画像が欠落、、、急ぎ、脳外科と眼科を受診。。。始めて耳にした、閃輝暗点(せんきあんてん)という偏頭痛から来る症状と判明。
 
 今日も夕刻よりそのトレンドセミナー2015 S/S を聴講しに行くので、多少不安な不分もあるが、先月末もこの症状が大きく出現、急ぎMRIを受診、その足で、何時も左耳の外耳辺りに出来る瘡蓋の軟膏をもらおうと、たまたま空いていた総合病院の耳鼻咽喉科を受診。軽い気持で受診したら、、、細胞検査で良性と判断されたたものの、皮膚の組織が変形していると、今度は麻酔をかけて皮膚を大きく採取、その検査結果を待たずに、あれよあれよという間に、血液を沢山取られて、腎臓だ、腫瘍マーカーの検査だ、あげくは、造影剤投与のCT撮影と、いきなり3つの検査のフルコースとな、通常は、一つの検査結果でグレーゾーンに入ったら、次の検査というのが今迄の検査の流れだと思うのだが、こちらの意向を聞く間もなく、ここ迄押し込まれると、自分の病状というよりは、医療体制に不信感がつのる。。。

 以前、地元の開業医院から要検査が必要となり、近くの紹介される病院リストから、ここの耳鼻咽喉科は外された経緯を思いおこすと、他の科に比べて受診者が少なく待ち時間が少なく診察出来る事を考えると、、、こちらは、点数稼ぎのいいかもにさせられた感が拭えない。。。

 何れにしても、来週の受診日に、これでもかと検査した結果が分かるので、それを元に今後を検討。
手術を要する場合は、耳鼻咽喉科に精通している病院を目指そうと思っている。

 本当に、検査疲れで病気に陥らないように、昨日は、検査の後、菱田春草展に足を運び、生憎のお天気の平日の早い時間にも関わらず、会場は多くの人が繰り出していて、驚き、、、改めて、黒猫の描写過程を観る事が出来て、春草、猫好きと実感して
久々に、心穏やかになれて、良かった。。。

 これから春草行かれる方は、朝一で行かれる事を!!
この様子では、最終日迄平日でも混む事が予想されますので、時間に余裕を持って行かれることをお勧めします!!!


 

 
<<back|<1234567>|next>>
pagetop